2015年02月13日

あなたのマスクの付け方、間違いだよ?逆効果になってしまうマスクの付け方とは

あなたのマスクの付け方、間違いダヨ?逆効果になってしまう付け方とは.jpg


インフルエンザ花粉症などが心配されるこの季節。

皆さん、「マスク」してますか?

ちゃんと装着してますよー、という人でも安心してはいけません。
間違った付け方をしていてはかえって逆効果になってしまうかも…。

スポンサーリンク

あなたのマスクを正しく付けられている?


こんにちわ、トレンディプラス@レンです。

突然ですが、あなたが付けているマスク。
間違いダヨ!

なんでカタコトなのかは特に意味はありませんw

でもこんなふうにマスクを付けていませんか?


全く効果のないマスクの付け方


「ウイルス大歓迎」的なマスクの付け方とは。
文章で説明するより、見たほうが早いと思うのでこちらをどうぞ。

全く効果のないマスクの付け方.png

鼻の脇からも横のフチからも外気を吸い込み放題!

町中で見かける人をよく見てみて下さい。
おそらくこんな風に装着している人がほとんどですよ。
面白いほどに^^


これってマスクとしての役割を果たしていません
むしろ付けない方がマシといいほど意味を成していません。


間違ったマスクの付け方は効果ゼロ


以前放送された “林修の今でしょ講座” に出演された
国立病院機構 東京医療センターの呼吸器科医の永井英明先生。


番組キャストに普段通りマスクを付けさせ、マスクの内側と外側の
ウイスル除去率を調べたところ、なんと100パーセントという結果が!

これって“全くつけていない”のと一緒なんですね^^;


ただウイルスは除去できないけど、「湿度はある程度保てる」ということでした。
湿度を保つんだったらアメとか飲料水とかを定期的に摂取していればいい気がしなくもないですが(´・ω・`)


「じゃあ、効果的なマスクの付け方ってどうすればいいんだい?」


スポンサーリンク


付ける前にたった2箇所工夫するだけで効果あり


マスクの種類はいっぱいあるけど、
日常でよく使うのってこういうノーマルなタイプのマスクですよね。

良質なタイプのマスクを使えば問題ないのですが、
ノーマルなタイプでも少し工夫すればインフルエンザ対策やウイルス除去率もアップするんです。


効果的なマスクを付けるためのたった2つのポイントとは


それでは名医がやっている効果的なマスクの付け方をご紹介します。


  1. ワイヤー部分を鼻の部分に合うように折り曲げる

  2. 効果的なマスクを付けるためのたった2つのポイントとは.png



  3. 耳にかけるゴムの部分を少し結ぶ

効果的なマスクを付けるためのたった2つのポイントとは2.png



こうすることで、
  • 鼻のすき間から入る外気をカットし、
  • マスクのサイド部分から入る外気をカットします。



たったこれだけの工夫で除去率が70パーセント台に激減しました。

「え…?それでも70パーセントもあるの?ダメじゃん…」

永井先生いわく、残念ながらノーマルなタイプのマスクではこれが限界だそうです(´・ω・`)


でも、100パーセントウイルスを吸い込むよりいいと思いますけどね^^


でもやっぱりこういうタイプのマスクが1番…?


普通のマスクはやっぱり満足できないし不安、という方もいますよね。

「短く結んだら耳のところが痛くなるやないか( ・`д・´)!」

たしかにわたしもそう思います^^;


工夫するのが面倒だったり、もっとちゃんと付けたい!という人は
コレが1番だと思います。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 150枚入




毎日マスクを付けていたらかなり消費量多いし、
素材もソフトで引き締めてくれるので耳も痛くならないし、
ちゃんと口周りの形にフィットする♪
オススメですよ(*´ω`*)


冬の季節もまもなく終わり。花粉や感染症の症状も増えてくるでしょう。
病気にならないためにも正しいマスクの付け方で健康を保ちましょう!



スポンサーリンク

posted by レン at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413987566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック