2015年02月22日

手首を骨折したぼくがリハビリとして行っている簡単筋力トレーニング

手首を骨折したぼくがリハビリとして行っている簡単筋力トレーニング.jpg


こんにちわ、トレンディプラス@レンです。

昨年10月に手首の手術を受けて5ヶ月目が経過しました。
しかし骨折部分周辺の筋力が低下
ぼくが自宅で簡単に行っている筋力トレーニングとは?


スポンサーリンク

骨折した部分の周辺筋肉は確実に低下している


以前記事に書いた手首の手術の件(記事はこちら)。
ギプスは既に外され、無事に仕事に復帰しました!(パチパチ)

でもこれからが大事だと痛感。

ギプスがとれた後は「可動域」を広げることが重要


ギプスをとった後、1番心配したのが「動かない」ということ。

手術・ギプスが人生初めてだったので焦ったー。

トイレの鍵をかけ忘れて、空いていると思って入ってきた他人と
「あ!すいません…!」ってシチュエーションになるぐらい焦りました。。


体に関する専門書やネットで調査したところ、
ギプスを外した1ヶ月〜1ヶ月半が勝負!とのこと。
ぼくのように不安でたまらない人は多くいるのではないでしょうか?


期間については個人差はあるかと思いますが、このままではヤバい!と思ったぼくは毎日お風呂で温めては手首を前後左右に動かして今は8割ぐらい元に戻っています。


くわしくはこちらの動画を参考にしてください。




思った以上に固まった手首や指を動かすのは痛いです。
かなり痛いです。


でも動かないことで焦ってやり過ぎるのはよくありません。
自分の気持ちをしっかりとセーブしながら地道にゆっくりといいので
動かす範囲を広げていきましょう。


ぼくも動画のような動きや、独自にペットボトルを使って曲げたり沿ってみたりしてリハビリをしました。
期間は約2週間程度が目安でした。(もっとかかったかな?)


いきなりやり過ぎるとせっかく治療した骨に負担がかかり、悪化させてしまうのでじっくりとやりましょう。


スポンサーリンク


思った以上に筋力が低下しているショック


可動域以外に重要なことがもう1つ。
骨折した周辺の筋力が低下していることです。

ぼくは思ってました、、普段通りしていれば戻るだろうと。
これはかなりショックでした。凹みました…。

だって手を握ったり物を持ったりすると手が震えるんですもん…。


弱くなった筋力を元の状態に取り戻せ大作戦


大作戦といってもたいしたことではありませんが、ぼく的にはかなりオススメなのでご紹介します。

それがこれ↓
弱くなった筋力を元の状態に取り戻せ大作戦1.jpg


ドンキホーテで購入しました♪
硬すぎず柔らかすぎずのクッションボール(200円程度)。
テニスボールとかだと硬すぎて負担が掛かってしまうのでこうゆうようなクッション系(?)のボールが良いと思います。

これを、

弱くなった筋力を元の状態に取り戻せ大作戦2.jpg

こうやったり、

弱くなった筋力を元の状態に取り戻せ大作戦3.jpg

こうしたりして

弱くなった筋力を元の状態に取り戻せ大作戦4.jpg


レッツ トレーニング!レッツ 筋力アップ!

まだ始めたばかりなので効果についてはしっかりとお伝え出来ませんが、筋力が弱くなった手首にはとても力を入れやすく骨に負担もかかりにくいため(体験談)筋トレには最適だと判断しました。


他にも同じような方がいればオススメなトレーニングをコメントいただければ幸いです(*´ω`*)




スポンサーリンク

posted by レン at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック